個人情報の取り扱いについて

個人情報保護法の対応につきまして

2005年4月より施行されました「個人情報保護法」に対応するするため、当社は次の5項目を基本厳守し、包括的に法令遵守する体制づくりに務めております。

基本厳守の5項目

1.個人情報は適正に取得します
個人情報を取得する際は、使用目的を明確にし、厳重な取り扱いを致します。尚、個人情報の取り扱いを外部に依託する場合は、委託先を選定し守秘義務契約等を取り交わすとともに適正な管理及び監督を行います。
2.個人情報の利用目的を特定します
ダイレクトメール等を出す場合、利用目的を明記致します。
3.開示要求への速やかになる対応と正確性の確保に努めます
本人から開示要求が有る場合は、その正当性の範囲内で速やかに対応開示いたします。またミスが発生した場合、速やかに公表、謝罪し、事業としての社内管理体制を再構築し、関連取引先に最終報告をいたします。
4.部外者への個人情報流失、漏洩の防止策について
個人情報にアクセス可能な作業担当者を限定します。また組織変更、退職等によりアクセスする必要がなくなった従業者(社員、パート等)が個人情報にアクセス可能な状態に放置しません。
5.安全管理責任者の設置
個人データを包括的に安全管理するため、社内に安全管理責任者を設置し法令遵守に努めます。

プライバシーマークの取得について

当社は、経済産業省の「認定個人情報保護団体」である社団法人全日本ギフト用品協会より、個人情報の取り扱いが適切であるという認定を受けプライバシーマークを取得しております。